60代でゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬などに行うべき対策は、血行の改善や栄養の補給、さらには保湿…!

60代の女性

若いうちからしっかりと対策をしてきたつもりでも、顔に発生しやすいたるみはいくつかあって、ゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬は60代の人であれば殆どの人があらわれはじめ、人によっては実年齢よりも老けた顔になってしまう人もいます。

その一方で、全く変わらない状態の肌を維持している、たるみが感じられない人もいるのは、根本的なケアの仕方が違っている可能性があります。


原因といえるのが肌や筋肉の衰えで、ゴルゴ線は目の下から頬に斜めの線が入ってしまう状態で、目の下の筋肉が衰えている事が考えられます。

普段あまり笑わない人や口を大きく開ける機会が少ない、目を動かさない人なども衰えてきます。

マリオネット線は頬を全体的に動かさない、口元を動かさない人に多く、ブルドック頬も同様です。

さらに、脂肪が蓄積して消費されずに、いつまでも古い脂肪が残っていたりすると垂れ下がりやすく、特にブルドック頬の人は肌や筋肉の衰えにプラスして脂肪の蓄積がある場合が多くなります。


60代でゴルゴ線やマリオネット線などに行うべき対策は、血行の改善や栄養の補給、さらには保湿です。

年を重ねてくるとどうしても血の巡りが悪くなってしまいます。

肌の細胞に必要な酸素や栄養も運ばれにくくなってしまい、酸素が少ないと脂肪の燃焼も起きません。

食事の量が減って栄養が身体の機能維持に使われてしまい、肌まで回ってこない場合も多くなります。


マッサージを顔に行う場合は、内側から外側へ、下から上へと行っていくことが基本です。

ゴルゴ線を消そうとして目の周りに力を入れてマッサージしてしまうと毛細血管が切れてクマができたように見えてしまうので、優しい力で行うべきで、顔から耳、首筋まで行い、鎖骨からリンパへ流すイメージで行うことがポイントです。


肌ケアには化粧水選びが重要で、保湿効果を長時間キープできるものがよく、肌の奥まで浸透するように、細胞間脂質と同じ構造を持つ、ナノ成分が配合、ビタミンC誘導体が含まれているなど、浸透力に違いがあるものがおすすめです。

ゴルゴ線など深いシワがある部位だけでなく、肌全体的にたっぷりと使うようにします。


頬にはバッカルファットと呼ばれる肌の深い位置に蓄積している脂肪があって、若いときには頬の高い位置に殆どが維持されていますが、加齢により下がってきてしまうとセルフマッサージでは深い位置にあることで効き目が薄く、変化が感じられない場合があります。

エステサロンなどで、深部にまで届く超音波を当ててもらうことが脂肪の垂れ下がりによってできた深い溝を解消できたり、美容整形において不要な脂肪のたるみを取り除くバッカルファット除去手術を受けることもできます。

60代のたるみの原因と対策

ほうれい線ケアの案内嬢2

年齢を重ねたせいでメイクがなかなか決まらないと感じている人も多いでしょう。

ゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬といった肌のたるみは60代の女性の多くが悩んでいます。

このようなたるみがある場合、実年齢よりも老けて見られてしまうこともあるでしょう。

いつまでも若々しくいたいという場合、ゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬の原因と対策方法を知っておくことが大切です。


肌のたるみはさまざまな原因によって引き起こされますが、まずは紫外線が大きな原因として挙げられます。

紫外線は波長によっていくつかの種類に分類されており、その中の一つであるUVAは肌のコラーゲンやエラスチンなどを減少させてしまうと言われています。

そして、コラーゲンやエラスチンが減少してしまった場合、肌の弾力がなくなってたるみやすくなるのです。


また、紫外線は活性酸素を発生させるため、肌の老化が進んでしまうということです。

ゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬を予防したいという場合、できるだけ紫外線を浴びないようにすることが大切です。

顔は衣服で覆うことができませんし、日焼け止めクリームなどを塗って対策していきましょう。

また、日焼け止めは汗などで流れてしまうこともあるため、長時間外出する場合はこまめに塗り直すことが大切です。

特に日差しが強い日は日傘や帽子なども一緒に使うと良いでしょう。


睡眠不足や乱れた食生活などが肌のたるみの原因になることもあります。

生活習慣が悪化すると肌に必要な酸素や栄養素がしっかりと行き渡らなくなりますし、新陳代謝が低下することでたるみを引き起こすということです。

そこで十分な睡眠時間を確保したり、バランスの良い食せ活を送ることを心がけましょう。


生活習慣を整えてもすぐにたるみへの効果は実感できないかもしれません。

しかし、継続することで少しずつ良い効果が期待できます。

ちなみに、喫煙は肌のたるみの原因になると言われているため、たるみを解消するためにも禁煙するのがおすすめです。


顔面には約30種類の表情筋がありますが、これらは骨ではなく皮膚に付着しています。

そのため表情筋が衰えると直接皮膚のたるみに繋がるということです。

表情筋を鍛えたいという場合、普段の生活でいろいろな表情をすることを心がけましょう。

パソコンやスマートフォンを操作する時間が長い人は、無表情でいることが多いので注意が必要です。

60代のたるみをスキンケアで解消

ほうれい線ケアの案内嬢3

ゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬を解消したいという場合、普段のスキンケアを見直すことも大切です。

たるみ対策用の化粧品なども販売されていますが、まずは基本的な保湿ケアなどを見直していきましょう。


肌のたるみを改善したいという場合、化粧水の選び方から気を付ける必要があります。

あまり化粧水にこだわっていないという人もいるかもしれませんが、きちんと保水ケアを行うことにより、保湿ケアの効果を高めることに繋がります。

化粧水を選ぶ時にはたるみに有効な成分が入っていることはもちろん、保水をしっかり行えるかどうかもポイントとなります。


ゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬を改善したいのなら、美容液やクリームの選び方も重要です。

こちらもたるみに効果的な商品や保湿効果の高いものを選ぶと良いでしょう。

コラーゲンやエラスチンを配合したクリームならハリを与えることができますし、ヒアルロン酸の入ったものなら保湿効果が期待できます。

迷った場合は保湿を重視したクリームを選ぶようにしましょう。


目元のたるみが進むと瞼が重くなりますし、目が小さく見える原因になります。

目元のたるみを改善したいという場合、目元専用のクリームを使うと良いでしょう。

ちなみに、目元は顔の他の部位と比べて特に皮膚が薄い部分であり、摩擦や乾燥によるダメージを受けやすいと言われています。

目元専用のクリームは少し値段が高いこともありますが、たるみを改善したいと考えているなら特別なケアが必要になると知っておきましょう。


肌が乾燥すると新陳代謝のリズムが乱れやすくなります。

それが皮膚本来の防御機能の低下へ繋がりますし、肌の弾力が失われる原因となります。

結果としてゴルゴ線やマリオネット線、ブルドック頬を引き起こすことに繋がるので注意が必要です。

また、皮膚が乾燥すると硬くなりますし、水分が隙間から逃げてしまうといったことも考えられます。


肌の乾燥を防ぎたいという場合、普段の洗顔方法を見直しましょう。

汚れが気になると強く擦って洗いたくなるかもしれませんが、擦り過ぎると肌に必要な皮脂まで落としてしまうことがあります。

洗う回数についても重要であり、基本的に洗顔は1日2回までにしておきましょう。

肌への摩擦も良くないですし、洗顔料をしっかり泡立てて優しく洗うことがポイントです。

年を取るのを止めることはできませんが、きちんと対策をすることで肌のたるみ対策になると覚えておきましょう。


このページの先頭へ