体験談…その1

60代になると28日のターンオーバー周期が3倍近く遅くなることも…

60代の女性は肌のたるみとシミ、シワを改善するために美顔器を使っている人が多い…

60代の女性

60代女性の多くがエイジングケア用の化粧品を使っています。

コスメの口コミサイトをチェックしていると、エイジングケア用化粧品の体験談を見ることができます。

投稿者は50代から60代の女性が多いですが、30代や40代の女性もいます。

60代の女性の悩みで多いのが肌の乾燥です。

個人差はありますが30代から肌の衰えを感じる女性は多く、50代になるとかなり深刻になります。

60代に突入すると皮膚に厚みがなくなり、保湿をしっかりしないとカサカサになってしまいます。


乾燥で肌のバリア機能が低下すると紫外線の影響を受けやすくなり、肌の老化が進みます。

若い肌は新陳代謝が活発なのでダメージも素早く回復しますが、60代になると28日のターンオーバー周期が3倍近く遅くなることもあります。

肌のターンオーバー周期が長くなると、肌に色素沈着が残りやすくなります。

60代になるとシミが増える女性が多いですが、ダメージがシミとして残ってしまった結果です。


今は優れた美白化粧品があり、毎日のスキンケアで濃いシミも薄くすることが可能です。

コンシーラーやファンデーションを上手に使えば、目立たないようにカバーできます。

シミやシワをカバーしてもメイクを落としたら肌トラブルに直面するので、根本から肌の状態をケアして健康な状態にしたい人は多いです。


普段のスキンケアに加えて美顔器も併用すると、スペシャルケアができます。

最近の美顔器はエステ並みのケアができるので、年齢を問わず多くの女性が利用しています。

60代の女性は肌のたるみとシミ、シワを改善するために美顔器を使っている人が多いです。

美顔気には超音波やEMS、イオン導入などの機能が付いています。

イオン導入でエイジングケアができるプラセンタエキスやビタミンC誘導体を肌に入れていくと、肌に透明感と潤いが戻ってきます。


肌の水分量が増えると外からの刺激にも抵抗できるようになります。

エイジングケア化粧品でもプラセンタエキスは人気が高いです。

プラセンタエキスは動物胎盤エキスのことでアミノ酸やビタミン、ミネラルが豊富です。

アミノ酸は身体を作る重要な原料で、ビタミンとミネラルは身体の機能を正常に保ちます。

核酸は新陳代謝のコントロールや遺伝子の修復などエイジングケアに関係する栄養素です。

プラセンタに含まれている美容成分には、自然治癒力を促す効果が期待できます。

組織修復作用があり代謝を活発にするので、若々しい肌を取り戻すことが可能です。

体験談…その2

人から勧められるままに、成分など確かめず買ってしまった…

違法な表示の化粧品だった…

60代の女性2

60代になると、しみ・しわ・たるみが加速してきて、鏡を見るたびにがっかりしてしまう、と仰る方もいらっしゃいます。

それでも出来るだけ人より若く、綺麗でいたい、そう思うのが女心です。

そんな中、市場には良いと言われる化粧品があふれ、どれも良さそうな事が書いてありますし、実年齢よりもずっと若く見える使用者モニターさんなどが登場して、これは効きそうとつい飛びついてしまう方も多くいらっしゃるようです。

また、シニア世代になるほど高価な化粧品を買い求める方も多く、高い化粧品イコール効果があると思いがちな心理が、消費にも現れている傾向にあります。

その結果として、買ったけれども失敗だったというケースも多いのが事実です。


では、60代の方が化粧品選びに失敗したと感じたのはどんなケースが多いのでしょうか。

体験談などをご紹介しながら見てきたいと思います。


「人から勧められるままに、成分など確かめず買ってしまった」・・・親友が使って良かったというので、自分も使ってみたが、乾燥がひどくなり、かゆみまで出るようになってしまった、という例があります。

元々アレルギーが少しある方だったので、成分など慎重にチェックする事が必要でした。

又加齢により、それまでは何のトラブルも起こさなかった化粧品が、急に合わなくなることもあるので注意が必要です。


「違法な表示の化粧品だった」・・・高価だったのでいいものが入っているのだろうと期待して使い始めたが、成分表示に違法があり、ステロイド入りのものを知らずに使ってしまったケースです。

皮膚はボロボロになり痛みまで出るようになってしまったとのことです。


「敏感肌にはオーガニックがいいと思い込んでいた」・・・敏感肌なので、天然成分やオーガニック化粧品が良いと思い込んでいて、逆に悪化させてしまうケースです。

オーガニックコスメの多くは、ナチュラル成分という印象を与えるために、多くの種類の植物抽出エキスを配合しています。

その成分が敏感なお肌には逆に刺激が強すぎたり、アレルギー反応を引き起こすことすらあります。


以上はほんの一例で、化粧品選びの失敗は、多くの方が体験されています。

特に60代になると、加齢が原因で肌が敏感になったり、免疫機能が低下することにより、合わない化粧品が多くなってくることも多いです。

「人に勧められたから」「高いから効果がある」「コマーシャルで良くみかける」「オーガニックなら安心」などの、思い込みや情報に惑わされず、本当に自分のお肌にあった化粧品選びをすることが何よりも大切です。

体験談…その3

60代のスキンケアは年齢に合わせることが大事…

無理に若さを強調する必要はありません…

60代の女性3

女性が60代になってくると、肌トラブルの一つや二つ出てきます。

全くトラブルがない方というのは少ないです。

ですから、肌トラブル対策として化粧品でそれをカバーすることになります。

60代になってくると若い頃のようにはいきません。

加齢による衰えからしだいに肌環境そのものがトラブルを起こしやすい状態になります。


多くの60代の女性からの体験談で多いのが、特定部分の肌トラブルというよりかは全体的なスキンケアができる化粧品選びで悩むことです。

つまり特定部位に対して特化したケアではなく、スキンケア全般を意識することが60代の女性には特に重要になってきます。


例えば毛穴が開いた状態だと肌のたるみになりますし、肌の乾燥は小じわやシミの原因にもなります。

これらに対応するためには、肌全般へのスキンケアが必要不可欠です。

スキンケア全般をまめに行っていけば、前述で挙げたトラブルを効率良く予防及び改善していくことが可能となります。


ただし、ここで大切なことが一つあります。

それは、スキンケア効果を高めるため高価な化粧品を使うことです。

60代という年齢は、どうあがいても若い頃のシワもシミも一つもない若々しい肌を取り戻すことは物理的に無理があります。

そのことをしっかりと認識する必要があります。

女性60代の体験談で良く見られるのが、高価な化粧品を使ってもシミやシワを完全に無くならなかったというのがありますが、それは当然です。


スキンケアは確かに大事にはなってきますが、さすが加齢の問題は無視できません。

あまり多くを期待し過ぎても良くないです。

高価な化粧品で結果がでない焦りから、過剰なスキンケアをしてしまって後悔した体験談も多く見られます。

過剰なスキンケアは、返って陥って肌にダメージを与えてしまうのでよりトラブルの原因を作ってしまいます。


従って、60代のスキンケアは年齢に合わせることが大事だというです。

自分自身の年齢をしっかりと認識して、それを踏まえた上で対応していきます。

60代に到達すると50代以上に肌の衰えが加速していきます。

特に60代での化粧は控えめがポイントになってきます。

若さをアピールするよりも健康的に見せることの方が大事になってきます。

無理に若さを強調する必要はありませんので、自然な印象作りできるメイク術を学ぶのが良いです。

現在は60代向けの化粧品も多くは販売されていますので、店頭のスタッフに相談すれば親切に対応してくれます。


このページの先頭へ