年齢を重ねるとお肌の質「肌質」が変わり、皮脂の量が変化します…

皮脂が減ることで肌が乾燥する

60代の女性

60代の方が挙げるお肌悩みといえばシミ、たるみ、しわ、…など、エイジングからくるお悩みを挙げる方が多いですよね。


そして意外と多いのが、乾燥です。

「昔は全く気にならなかったのに、なんだか最近乾燥するのよね」という60代の方。

もしかしたら肌質の変化が原因かもしれません。

実は、年齢を重ねるとお肌の質「肌質」が変わるんです。


どんな風に「肌質」が変わるのかというと、皮脂の量が変化します。

年齢を重ねるとこの皮脂が減るんですが、この皮脂が減ることで肌が乾燥するんです。


皮脂ってどんなイメージがありますか?皮脂が多いとニキビができやすかったり、化粧崩れしやすかったり…

どちらかというと悪いイメージを持ってある方が多い皮脂ですが、実は適度な皮脂はお肌に必要なんです。


皮脂は「天然のクリーム」とも呼ばれ、肌表面に1枚薄い膜を張ってくれます。

この膜があると、外的刺激から肌を守ってくれたり、肌内部のうるおいを逃さないようにガードしてくれたりもするんです。

ですので、皮脂が少ないと肌のうるおいは逃げやすくなって乾燥しやすくなります。

また、紫外線という外的刺激を受けやすくなるため、さらに肌は乾燥します。


そして、皮脂が少なくなり紫外線の影響を受けやすくなるということは、シミ、たるみ、しわといったエイジングのお悩み部分の原因にも直結します。

肌の老化には「紫外線」が最も影響を与えていると言われているんです。


いかにこの皮脂が大切か分かりますよね。


この皮脂は身体の中から分泌されているので、夏場は増え冬場は減ったりは多少するものの大きく変化することはありません。

ですが年齢を重ねるごとにこの皮脂の分泌は減っていくと言われています。


なので60代の方の肌質の特徴は「皮脂が少ない」ということなんです。


肌質を変えることは正直難しいです。

では乾燥しないために、エイジングのお悩みを悪化させないために何が必要かというと実はクリームなんです。


普段、夜のスキンケアはどのような流れでお手入れされているでしょうか?


クレンジング→洗顔は、肌を清潔に保ち美容成分を受け入れるような肌の状態に持っていきます。

その後、化粧水→乳液→クリームと質感の違う3タイプを順番に使うことで肌に美容・保湿成分を浸透させていきます。


このクリームが、「天然のクリーム」である皮脂の変わりをしてくれるんです。


肌質が変わり、皮脂の量が減っている60代の方は人工的なクリームでフタをし、肌のうるおいや、化粧水・乳液で入れた美容成分が蒸発しないように閉じ込めてあげましょう。

60代の肌質の特徴とは

ほうれい線ケアの案内嬢2

60代の肌質の特徴は、大多数の人が感じるものに乾燥があるのではないでしょうか。

乾燥すると、目じりや口元などにしわが目立つようになりますし、そうなると一気に老けて見えてしまうのが実情です。

そう見えないために何かできることがあるのかというと、スキンケアとなります。


一般的に、60代の女性はすでに閉経しているため、女性ホルモンの分泌量が若い人に比べて少ないです。

そうなるとお肌のうるおいを守ってくれる皮脂や水分が減ってしまい乾燥しやすくなってしまいます。

これは体質や肌質によって少し違いがあるものですが、基本的には60代の女性の肌には水分や皮脂の量が足りていません。


でも、スキンケアをすることによってそれを改善することができます。

毎日何気なくやっているお手入れですが、実は美肌を作るための重要なステップであることを自覚することが大切です。

それでは、どのようなお手入れをするのが重要なのでしょうか。


まずは、毎日やっているお手入れを見直すことから始めてみましょう。

洗顔は、ごしごしとこすり洗いをしていたり、さっぱりするからといって熱いお湯を使ったりしていないでしょうか。

これは非常によくありませんし、熱いお湯は肌のバリア機能を壊してしまうのでぬるま湯かお水にします。


お湯で洗うとすっきりするような気がしますが、必要な潤い分まで奪われてしまうからです。

又、こすり洗いも汚れを落としている気分にはなりますが、摩擦を起こすとデリケートな肌の角質層が傷ついてしまいます。


洗顔は、メイクをしているときにはダブル洗顔が必要ないタイプを選ぶと、一回ですっきりメイクも汚れも落とすことができて、余計な負担がかかりません。

又、泡立てるタイプの洗顔料を使う時には良く泡立てて、こすらないように注意しましょう。


クレンジングにはいろいろなタイプがありますが、ミルクやオイルタイプは素早く汚れとなじんでメイクを落としてくれますし、肌に潤いも残ります。

オイルタイプは乳化するという作業が必要なので、くるくるとなじませてからお水を少量加えてメイクを落とすようにするのがポイントです。


ポイントメイクをしているときは、一度に落とそうとせずにポイントリムーバーを使いましょう。

クレンジング力が高いので、濃いアイメイクやリップも一度ですっきり落とせます。

その後通常のクレンジングをすると、肌にダメージを与えずに落とすことができます。

乾燥を予防するためにできること

ほうれい線ケアの案内嬢3

60代の女性の多くが感じる乾燥肌、という肌質をどのように改善するかは外側からと内側からのケアにかかっています。

洗顔後はしっかりと保湿をすることが重要ですが、化粧水だけではすぐに水分は蒸発してしまいます。


その理由は、60代の女性には潤いを保ってくれる皮脂が足りていません。

そのため、化粧水でいくら補っても潤いは逃げてしまうのが実情です。

そのため、乳液やクリームなどで上から二をする必要があります。

若いころオイリー傾向だった女性は、こういう少し重めのテクスチャの物は苦手かもしれません。


でも、若いころと比べると60代の女性の肌は確実に潤い不足になっています。

そのため、シワっぽくなってからその部分に塗るよりも、お手入れに組み込んでおいたほうが美しい状態を維持することができます。


自分に合うクリームや乳液がわからないという方は、一度コスメカウンターで肌の水分量などをチェックしてもらうと、客観的なデータがあるので選びやすいです。

今の自分に何が足りていないのか、ということをデータで知ることによって、より効率的なお手入れができるようになります。


最近人気があるのが、自分の肌のデータにマッチしたオーダーの化粧品です。

オーダーなので、自分だけに合ったものになりますし、それ以上に最適な化粧品はないといえるでしょう。

しかし、もっと手軽に済ませたいという人は、その時の自分の肌の状態をしっかり観察してそれに合ったアイテムを使うことです。


肌質は人それぞれ異なるといっても、多くのケースでは乾燥が気になるはずですので、何を選べばよいかわからないのであれば、アンチエイジングタイプのオールインワン化粧品を選択するのがポイントです。

これなら、一回のお手入れで全てのステップを終えることができて、忙しい60代の女性の肌にも最適です。


オールインワンの中には、化粧水だけでなく乳液や美容液などの成分が入っています。

それにプラスして、マッサージクリームやアイクリームやパックの役割も果たすものもあります。

アンチエイジングタイプの製品は、特に美容成分が多数入っていますし、定期購入の通販限定のものも人気です。


定期購入なので、買い忘れがないですし、初回は特価で買うことができるものが多いです。

回数の縛りがないタイプなら、特別価格で試すことができますので時短美容で肌を美しくしていきたい、という方は選んでみてはいかがでしょうか。


このページの先頭へ